うつ病を理解する|心身ともに発生する症状とは

男女

うつ病とストレス

カウンセリング

毎日生きていく上で、どこかで少なからずストレスを抱きます。そのストレスが溜まりすぎるとうつ病を発症させる引き金にもなるでしょう。そのため、うつ病になる原因として主にストレスがあげられます。ストレスはもともと物理学で使用されていた言葉で、何らかの刺激によってものが歪んでしまうことを表しています。そこから現在では、心や身体に与える刺激や付加の意味を持つ言葉になりました。このストレスには幾つかの原因があります。自分自身や周りの人たちに思い当たることはないかなどを参考にすると良いでしょう。

まず初めに社会的ストレスがあります。学校や会社などで発生する対人関係や仕事や受験などに対する強いプレッシャー、周囲からの過度な期待などからくるストレスを総じて社会的ストレスと言います。真面目で几帳面、責任感が強い人ほどこのストレスが感じやすいと言われ、自分が感じているストレスを1人だけで解決しようと頑張ってしまう傾向があります。そのため、頑張りすぎて疲労がピークに溜まってうつ病の症状を発生してしまいます。症状が現れてうつ病と診断されたら、医師やカウンセラーに自分が抱え込んでいるストレスや悩みなどをすべて打ち明けることで、気持ちが楽になることがあります。次に心理的ストレスがあります。将来に対する漠然とした不安や、仕事などで挫折したことにより自身を喪失してしまったり、自分自身の心や感情に由来するのが心理的ストレスとなります。家族など死別やパートナーとの別れなどの喪失体験から中々立ち直れない人も心理的ストレスを感じる傾向があります。この心理的ストレスがきっかけで症状が出ることも珍しくありません。

うつ病にならない、症状を出さないためにはやはりストレスを溜め込まないことが大事になります。ストレスを解消させる方法を見つけたりリフレッシュなどを行ないましょう。また、睡眠はストレスを溜めないためにも非常に重要になります。しっかりと睡眠を取りましょう。インターネットでは無料で行なえるストレスチェックなどもありますので、自分が今どれくらいストレスを溜め込んでいるのか、体制があるのかなどを把握してみるのも良いでしょう。