うつ病を理解する|心身ともに発生する症状とは

男女

再発のリスクを減らす

ハート

うつ病は他の病気と比較してみると、特に再発の危険性が高い病気と言えます。症状が強く出てしまう急性期が終わったら回復期に入ります。この回復期に入ったら症状がだんだんと回復していきます。もう治ったと感じてしまう回復期に入る時期が一番危険となっています。症状が軽くなって気持ちが落ち着いてくると同時に、もうあんな辛いことは体験したくないと再発を恐れてしまって、この世から消えたいといったような衝動に駆られてしまいます。そのため、回復期では再発のリスクを下げるための治療が必要不可欠になります。うつ病の多くは症状が回復していたとしても大体2~3年以内では半数以上は再発することがある病気になっています。しかも再発してしまうと、以前よりもはるかに症状が重くなってしまい、薬の量などを増やさないといけない場合もあるので、再発を防ぐことはうつ病の治療の中でとても重要なことになります。

必ずしもうつ病は再発してしまうというわけではなくて、再発する可能性が非常に高いだけとなっています。うつ病の再発を防ぐには色々な方法があります。その1つに維持療法があります。維持療法は病気が治った後も薬を用いて治療を続けることになります。うつ病の場合ですと、急に薬の服用を止めるのではなくて徐々に減らしていく必要があります。服薬期間は大体1~2年ほどになります。なお、重症化や慢性化している人はそれ以上の年数がかかるケースもあります。次に認知をコントロールして防ぐことです。うつ症状を発生しやすくしている思考のパターンなど変化していくことも大切です。もっと柔軟な考え方にするように意識すると良いでしょう。

また、家族などの周りのサポートも非常に大事になっていきます。家庭なら再発の危険性をしっかりと把握したうえで、生活リズムを安定さえて規則正しい生活習慣を過ごせるように配慮しましょう。ストレスを蓄積させないためにも周りがちゃんとサポートしてあげることも、再発を防ぐためには効果的です。もし、再発の可能性を感じてしまったらすぐに医師に相談を行なうことも忘れないようにしましょう。うつ病を完治させることは出来ます。そのためには、うつ病が再発してしまうリスクを確実に減らしていきましょう。