うつ病を理解する|心身ともに発生する症状とは

男女

副作用のリスク

男性

うつ病の症状が発症してしまって医師に診断されたら、うつ病を治すための治療が始まります。病院で行ってくれるうつ病の治療方法は心理的治療と薬物療法の2つが主になります。心理的治療は、特にぶり返しを防ぐのに効果があります。心理的治療の1つに認知行動療法がありますが、うつ病の患者さんの症状によくみられるネガティブ思考のパターンを専門的な知識と様々な経験を持っている医師とカウンセリングを行なうことで、客観的に整理します。そうすることで、より柔軟に考えられる思考を作る目的があります。周りの人から考え方などを色々言われても、すぐに受け止めることは難しいですが、医師からうつ病を引き起こさないためや症状を緩和する方法として、アドバイスを行ってもらえると患者さんも受け入れやすいでしょう。次に薬物療法があります。薬を使用して症状を緩和していきます。特に病院からでしか処方することが出来ない抗うつ剤と呼ばれる薬は様々な効果を持っていることで有名です。ですが、効果がある分副作用も引き起こされてしまうので、正しい方法で服用していくことが重要になります。

抗うつ剤にたくさんの種類があり、問診やカウンセリングなどを行って医師が1人1人の症状や状況に適した抗うつ剤を処方します。症状が重い人用の抗うつ剤や睡眠作用に特化した抗うつ剤もあります。この抗うつ剤ですが、服用した当初は吐き気や腹痛などの副作用に悩まされることが多いです。ですが、服用して大体1~2種間ほどたつとこの副作用は治まってくると言われています。ほかの副作用は、眠気があります。ほとんどの抗うつ剤には鎮静作用が含まれているので、眠気を誘発してしまいます。カフェインを摂取して眠気を取ろうとする人もいますが、カフェインは過剰に摂取してしまうと逆にめまいといった症状が出る場合があるので、注意が必要になります。その他にも食欲不振や過食、性機能障害などがあげられます。非常に高い効果を得ることが出来ますが、副作用のリスクもあるので抗うつ剤の依存が高まると危険です。過剰摂取などは絶対にしないようにしましょう。また、医師から処方されたときは抗うつ剤についての説明や注意事項をしっかりと聞くことが大事です。うつ病の症状を緩和させるために安全に服用するようにしましょう。